スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(2010-06-03)
   少しの間だけと思っていたら
   窓のそとの空はすっかり明るくて
   半袖には早朝の風はつめたくて
   空の青にうみを重ねていた

   船になれている父の傍ら
   わたしは船酔いで魚つりどころではなかった
   遠くの山を眺めていると
   魚がかかったらしく声をあげている
   
   だまされたと思って
   やってみなと釣り竿をさしだした父
   エサをやりはじめて数分
   魚がかかりそれから途切れることなく
   塩焼きにすると美味しそうな
   魚でクーラーボックスはいっぱいになった

   船が桟橋につくころ
   ゆうぐれと夜とがかさなった空を
   眺めながら

   帰路につくと
   船酔いはすっかり治まっていた

   


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

柊

Author:柊
11月7日生まれ

フリーエリア
最近のコメント
フリーエリア
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
フリーエリア
©PETAPPA
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。