スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


星月夜

(2009-11-09)
 日が暮れはじめた西の空を背に、
 ときどき、下校中の生徒とすれ違いながら、
 学校へと自転車を走らせた。
 チャイムが鳴ると、僕たちの授業は夕刻から始まる。
 
 仕事で遅れてくる生徒や、休み時間に帰っていく生徒で、
 授業が終わる頃には数少ない生徒がさらに減って、
 空席が目立った。

 市街地から離れた民家が建ちならぶ、一角の定時制高校に入学して、
 七ヶ月。対面式をおえて、季節ごとの行事や部活動をして過ごすうち、
 各教室の場所やクラスの雰囲気にも慣れて、家と学校とを往復する毎日。
 気がつけば、もうそこまで冬が近づいていた。





コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
訪問履歴から着ました。

時間ってほんとに過ぎるの早いですよね。。。

またのぞかせていただきます。
よかったら私のブログにも遊びに来てください^^

二葉さま

初めまして。
ご来訪、コメント
ありがとうございました。
また、お伺いしますね。

カテゴリー
プロフィール

柊

Author:柊
11月7日生まれ

フリーエリア
最近のコメント
フリーエリア
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
フリーエリア
©PETAPPA
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。