スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


碧空日記35

(2009-01-31)
六月のある日
一羽の鳥が迷いこんだ
窓のそばで羽を休めている

そっと近づいて手をさしだした
おどろいて飛ぶだろうと思っていたのに
まるで警戒していない それどころか
僕の差しだした手の、人差し指にのっている

ブルーの羽が透きとおっていた
まるで、語りかけているように
首をかしげて僕の顔をのぞいていた

もし生まれ変われるなら鳥がいいわ
すぐに飛んでいけるでしょ?
どこへでも、好きな時に、好きな場所へ
ふと、彼女の言葉がうかんだ

熱いものがこみあげた




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

柊

Author:柊
11月7日生まれ

フリーエリア
最近のコメント
フリーエリア
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
フリーエリア
©PETAPPA
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。