スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お返事

(2009-06-30)
28日に拍手コメントくださった方へ




続きを読む

スポンサーサイト


碧空日記114

(2009-06-30)

  ある夏の日の
  放課後のキスは
  不意のこと
  
  落ちた拍子に
  散らばった本
  埃っぽい空気の中
  二人笑ったね

  帰り道
  水面に映る
  あかね空

  好きって
  云えばよかった


  

  


碧空日記113

(2009-06-29)
  雨の帰り道
  歩くと触れた
  二人の距離

  偶然会ったあなたの
  傘に差しだされたから
  入っただけ

  あした
  雨が降っても
  こんな偶然
  きっとない  
  


碧空日記112

(2009-06-29)

  家族
  友達
  大切な人が
  生まれてきた
  青い地球  
  それを
  僕は壊そうとしている
  
    
  


碧空日記111

(2009-06-28)
  街角のケーキ屋さん
  いつも君はモンブラン
  あんまり幸せそうに
  ほほえむから
  コーヒー飲むフリして
  照れ隠し

  


碧空日記110

(2009-06-28)
  
  天窓から
  青白い光がのびている
  広い部屋
 
  開いた扉から
  瑠璃色の蝶が一羽二羽 
  つがいのように飛んでいく
 
  辿りついた場処は
  睡蓮が眠るほとり
  もう見ることはないと思ってた
  兄さんとの思い出の場所

  蝶が見せてくれた
  最初で最後の夢

  ありがとう
  さようなら
  




碧空日記109

(2009-06-28)
  雨上がりの日曜日
  窓の外
  細く長い雲が
  とぎれとぎれに流れてく
 
  いつもと違う午後
  淹れたミントティーは
  少しも落ち着かなくて
  
  風の吹く景色を
  ながめてる





碧空日記108

(2009-06-28)


  どんなに
  平常心でいても
  夜風があなたの
  髪を揺らすともう
  この気持ちは
  嘘がつけないくらい
  まっすぐ
  あなたに向いています



  


碧空日記107

(2009-06-19)

  飢えに苦しむ人

  病を抱えてる人

  障害を持っている人

  知らないだけで

  世界にはきっと

  生きられない人達がいる




碧空日記106

(2009-06-19)


  落ちこんでいるとき

  あなたの何気ない

  優しさに救われている





お返事

(2009-06-18)
6月13日に秘密コメントくださった方へ





続きを読む



碧空日記105

(2009-06-18)

  救われてばかりで
  何もしてあげられないと
  あなたは言うけれど

  あなたが生きている
  そのことが
  僕にとって
  一番の救いです





碧空日記104

(2009-06-17)
 
  月のように
  
  優しく照らすことは

  できないけど

  見守ることはできるから

  いちばん近い場所で
 
  あなたを見つめています


  


碧空日記103

(2009-06-16)

  家をこっそり抜けだして
  きみとバス停で待ち合わせ
  蛍のいる場所へとむかう

  どっちが先に
  捕まえられるかな
  もし蛍をつかまえられたら
  きみに一番に見せたいんだ

  つかまえた蛍を
  手に駆けだすけど
  きみは何処にもいない
  
  空を見あげると
  まあるい月がうかんでいた
  



碧空日記102

(2009-06-15)
  校舎の裏庭
  あなたが好きな紫陽花が
  咲きましたよ
  二人で見たいと
  言っていたでしょう
  
  雨が降っているけど
  こうして傘をおいて
  おけば
  少しは凌げますよね

  あなたが好きな紫陽花が
  咲きましたよ
  二人で見たいと
  言っていたでしょう
  

続きを読む



碧空日記101

(2009-06-14)
  笑顔でいてね
  あなたの言葉を
  思いだして
  頑張ってきたよ

  だから、こんな  
  三日月の夜も
  大丈夫
  きっと、こえられる

  
  
  


碧空日記100

(2009-06-14)
 
  きみと僕
  何も言わずに歩いた
  かわら道

  緑の葉が風に揺れていた
  きっとこれが
  君とみる最後の景色

  さよならは云わないよ
  いつか何処かで
  また会える
  そんな気がしてるから

  
  
  


碧空日記99

(2009-06-12)
  あなたは悲しいとき
  平気なフリをして
  微笑むけれど

  みんな帰った後で
  声もあげずに
  泣いていること
  知っています

  泣いてる姿を
  見られたくないなら
  今夜のことは
  胸の奥にしまって
  おきますから

  いまは
  思う存分泣いて下さい



  
  

続きを読む



碧空日記98

(2009-06-12)
    君が今 
    おそれているのは
    いつか消えると
    わかっていて
    それでも
    生きていくという
    ことでしょう? 



続きを読む



碧空日記97

(2009-06-10)
  発熱して
  床につく夜
  水音だけが響いて
  月の光は届かない

  かすかに感じた手のひら
  余韻だけを残して
  ぼくを切なくさせる
  
  
  

  


碧空日記96

(2009-06-05)

  声を失った今

  言葉にできる

  よろこびを

  かみしめている

  
  

  


カテゴリー
プロフィール

柊

Author:柊
11月7日生まれ

フリーエリア
最近のコメント
フリーエリア
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
フリーエリア
©PETAPPA
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。